ATR Aircraft

エンジン

600シリーズではパワフルなプラット・アンド・ホイットニー社製127Mエンジンを搭載しています。これにより、短い滑走路や高温・高地の空港においてもエンジンの動力を増加させ、ペイロードを増やすことが可能となります。また、上昇限度が1,000ft向上したことで、さらに高度のある山岳地帯でも飛行できるようになりました。

また、継続的なイノベーションの結果、同クラスで最も燃料消費を抑えた機体でありながらエンジンの定格出力は1/3以上も向上しました。騒音レベルも10%以上削減され、国際民間航空機関(ICAO)の基準も満たしています。

最先端の製造技術や主要部への先進複合材の使用、高性能なエンジンとプロペラを用いたことで、最高基準の運航が可能となり、ATR機はリージョナル航空機市場で多くの支持をいただいております。