ATR Aircraft

機種

比類なき先進性

ATR -600シリーズは、メンテナンスコストの削減、機体重量減に加え、最新イノベーションを導入したコックピット技術の搭載により、シンプルで統合的な高性能液晶ディスプレイ機能を提供し、また、安全性とパイロットの操作性が向上しました。

ATR -600シリーズでは、ゆったりとしたスペース、フライトの楽しさや快適性をさらに高めるために新たな技術革新を導入しています。新たにアルモニアキャビンを採用したことで、ターボプロップ市場最も広い客室を備え、人間工学に基づいたデザインにより快適性が増しています。座席も一新し、頭上の収納スペースも広くなり、従来より30%多くのキャリーケースが収納できるようになっています。

エンジンにはPW 127Mを2基使用しており、「ブースト」オプションがあることで高温で高緯度に位置するような空港環境においても性能が高いのが特徴です。さらに、リザーブテイクオフ・オプションが備えられており、滑走路の短い、条件の厳しい空港でも離陸時の最大積載量を1,000キロまで増やすことが可能となります。70席クラスの機体としては、ATR 72-600は他社と比べ、格段に燃料費やメンテナンス費用が抑えられるため、1マイル当たりの座席コストが最も低くなっています。

600シリーズの詳細はATR-600シリーズのパンフレットをご覧ください。

関連リンク

Download the app