ATR Aircraft

プレスリリース

All press releases

ATR 72-600日本での就航決定

2018/06/05

(共同リリース)
2018年6月5日
日本エアコミューター株式会社
Avions De Transport Regional G.I.E
 

ATR 72-600 日本での就航決定

 日本エアコミューター発注済みATR 42-600 1 機をATR 72-600 に変更
 

日本エアコミューター株式会社 (以下「JAC」)とAvions De Transport Regional G.I.E (本社:フランス トゥールーズ、以下「ATR」)は、本日、既にJACが発注しているATR 42-600の内1機をATR 72 - 600に発注変更することを発表しました。今回の変更により、日本に初めてATR 72が納入されることになります。JACとATRはこれまで9機のATR 42-600を確定発注する契約を締結しており、2017年上旬にATR 42-600の初号機が導入され、現在は同型機4機を運航しています。今回変更されたATR 72-600は本年年末までに引き渡される予定です
 
今回導入が決まったATR 72-600は座席数70席を予定しており、提供総座席数が増え、JACは今後も日本の地域航空に貢献していきます
 
日本には国内外の観光客を魅了する美しい島々や地方都市が数多くあり、小さい飛行場や短い滑走路でも運航可能な能を備えたATR機はこうした 域への移動に最適な機体です。さらに現在日本の国内路線の内、三分の一以上は飛行距離300海里以下で、これはATR機のパフォーマンスおよび効率性に最も適した運航条件となっています。
 
【JAC代表取締役社長 加藤洋樹のコメント】
「ATR 42-600は、当社の運航環境に非常に適した機材で、快適性においてもお客様の評判も良く、同機を導入した結果に大変満足しています。現在発注している機体のうちの1機をATR 72-600へ発注変更することで、両モデルの共通性を活かしながら、一座席あたりの運航コストを削減することが可能となり、特に観光やビジネスのお客様の多い路線においてより効率的な運用が実現できることで、就航地域社会に貢献できると確信しております。今回のATR 72-600の導入にあたっては、政府および自治体関係者のご理解による多大なるご支援をいただき心より感謝申し上げます。」
 
【ATR最高経営責任者 クリスチャン・シェーラーのコメント
「日本にATR 72-600が導入されることとなりましたが、これはATR機ファミリーが低コストで新たなビジネスチャンスを創出、拡大するのに適した機体であることを示すものだと考えます。JACへのATR 42-600初号機の導入から1年以上経ち、運航の多様性およびコスト効率の高さといったメリットを実感していただけていると思います。JACは素晴らしい旅行体験を乗客の皆様に提供するお手本であり続けると同時に、日本における地域航空の需要の高まりに応えてくれるでしょう。 
 
 

 
会社概要
【日本エアコミューター株式会社(JAC )】
日本エアコミューターは1983年に設立されたJALグループ企業であり、日本航空が同社株式の60%を、そして残りの株式を鹿児島県奄美群島12市町村が共同で保有しています。鹿児島空港を拠点とする日本エアコミューターは15機体制で、1日71便18路線で運航しており、年間約100万人が利用する西日本と美しい奄美諸島をつなぐ欠かない航空交通手段となっています
 
Aircraft De Transport Regional GIE ( ATR )
欧州を拠点にターボプロップ機を製造するATRはリージョナル航空機マーケットにおける世界的企業です。ATRは運航効率の高いリージョナル航空機の設計および製造を行っており、世界約100カ国、 200以上の航空会社に採用されています。ATR 42およびATR 72型機は座席数90以下のクラスではベストセラーの機体です。継続的な改良を原動力としATRは最先端の快適かつ汎用性の高いターボプロップ機を製造しており、毎年100以上の新航路開設に寄与することで、航空会社の路線拡大にも大きく貢献しています。他社のターボプロップ機と比較して、消費燃費は40%、フライト当たりのコストは20%、座席あたりのコストは10%に抑え、騒音も最低限に抑えられています。ATRはエアバス・グループとレオナルドという航空業界大手2社が共同パートナーシップを結んだ事業体であり、グローバルで広範なカスタマーサポートのネットワークを有しているため、革新的なサービスやソリューションを世界中の顧客やオペレータに提供することが可能となっています。詳しい情報はhttp://atraircraft.jp/をご覧ください.


以上

ATRについて:

ATR 1981 年に設立された、座席数 90 以下のリージョナル航空機マーケットにおける大手航空機メーカーです。設立以来 1,500 機以上を納入しています。ATR 機は世界約 100 カ国、200 以上の航空会社に採用され、2,800 万回以上の飛行実績を有しています。ATR はエアバス・グループとレオナルドという欧州航空業界大手 2 社が共同パートナーシップを結んだ事業体で、フランスのトゥールーズに本拠地を構えています。ATR ISO14001 を取得済みです。詳しい情報は http://www.atr-aircraft.com(英語)をご覧ください。

ATR PRESS CONTACTS:

本 件 に 関 す る 報道 関係 お 問 合 せ

  • ATR 広 報 代理
  • ア シ ュ ト ン · コ ン サ ル テ ィ ン グ · リ ミ テ ッ ド
  • 電話: 03-5425-7220
  • ATR@ashton.jp
  •