ATR Aircraft

プレスリリース

All press releases

北海道エアシステムへATR42-600初引き渡し

2019/12/18

環境に配慮したターボプロップ機への機材更新を開始
 
リージョナル航空機世界最大手のATRは、日本航空のグループ会社である北海道エアシステム(HAC)から受注していた2機のATR42-600のうち、初号機を12月18日にHACへ引き渡しました。今回の引き渡しは、HACのSaab340 の機材更新の第一歩となり、北海道に不可欠なリージョナル航空のネットワークの維持を保証します。
 
ATR42-600は、HAC既存機に比べ座席数が増えるも運航コストは同レベルで、収益増が期待されます。また、より広くなった頭上の荷物棚や最新型の横幅18インチ(約46cm)の座席を装備した客室は、乗客に快適な空間を提供します。
 
HACの大堀哲代表取締役社長は次のように述べています。「当社は、新たな歴史の幕開けとなるこの日を心待ちにしていました。大自然を求めて、多くの観光客が北海道を訪れています。極寒・豪雪となる冬の厳しい気象条件下でも優れた性能を発揮するATR42-600は、当社の事業に貢献してくれるものと考えています。北海道の皆様に一日でも早く本機を披露したいと思います」
 
ATR CEOのステファノ・ボルテリは、次のように述べています。「当社の航空機は、日本市場の需要に合致しています。最高水準の快適性や環境性能を求めることで知られている日本の利用者にも、二酸化炭素(CO2)排出量が少なく、快適性の高い最新の客室をもつ当機を気に入っていただけると思います。日本市場でATR機が増えていることは、当機の非常に優れた経済性と日本における地域ネットワーク維持の必要性を証明しています。」
 
ATRの市場予測では、旧型で非効率な30~50席の航空機約900機がまもなく退役を迎え、新たな航空機への更新が必要と見ています。このATR42-600は、ATR72-600やATR42-600S(短い滑走路での離着陸が可能な派生型機)、唯一の最新リージョナル貨物輸送機ATR72-600Fなど、ATRリージョナル航空機ファミリーの一機種です。ATRは、他のリージョナル・ジェット機と比べて二酸化炭素(CO2)排出量が最大40%少なく、世界各地のネットワークを維持する理想的かつ最新のソリューションです。
 
 

ATRについて:

ATR 1981 年に設立された、座席数 90 以下のリージョナル航空機マーケットにおける大手航空機メーカーです。設立以来 1,500 機以上を納入しています。ATR 機は世界約 100 カ国、200 以上の航空会社に採用され、2,800 万回以上の飛行実績を有しています。ATR はエアバス・グループとレオナルドという欧州航空業界大手 2 社が共同パートナーシップを結んだ事業体で、フランスのトゥールーズに本拠地を構えています。ATR ISO14001 を取得済みです。詳しい情報は http://www.atr-aircraft.com(英語)をご覧ください。