ATR Aircraft

プレスリリース

All press releases

短い滑走路での離着陸が可能な派生型機(STOL)「ATR42-600S」のローンチを発表

2019/10/10

ターボロップ機の製造をリードするATRの取締役会が
新派生型機STOL バージョンのローンチを承認
 
リージョナル航空機世界最大手ATRは、ATR42-600S のローンチについて、取締役会から最終承認を得ました。「S」はSTOL(Short Take-Off and Landing)の「Short」の頭文字を取ったもので、新たなモデルとなるATR42-600Sは、標準飛行条件下*で、最短800メートルの滑走路で乗客40人を乗せ離着陸が可能です。これによりATR42-600Sは、同種機体市場で最高の性能を有する航空機となります。
 
現在までに、ATRは航空会社やリース会社からこのATR42-600Sについて、20機のコミットメント(購入契約)を得ています。この中には、本年6月のパリ国際航空ショーで発表した、ローンチ・リース会社となるエリックス・アビエーションと、ローンチ航空会社となるエア・タヒチも含まれます。
 
ATR42-600Sは、ATRファミリーに仲間入りする新型機です。ATRファミリーには、ATR42-600やATR72-600、また今後運航開始予定のATR72-600F型貨物機があります。ATR42-600Sの型式証明取得は2022年の下半期を見込んでおり、初号機の納入はその直後となる予定です。
 
ATRのCEOステファノ・ボルテリは次のように述べています。「新たにATR42-600Sをファミリーに迎えることは当社の未来を構築する上で理に適っています。50席クラスのATR42-600Sが持つ可能性は非常に大きく、世界中で約500カ所の空港へのアクセスを可能にし、航空会社は運航範囲を広げることができます。これは、より多くの人やより遠くのコミュニティを持続可能な方法で世界につなげるという当社の使命を明確にしています」

42-600Sの主な改良点は、低速で機体制御を可能にする大型ラダーの導入です。エンジンは既存のATR42、ATR72と同様のものを採用していますが、42-600Sのパイロットは42、72どちらかのエンジンレーティングを選択することが可能です。つまり、STOL運用時の高出力の使用や、長い滑走路で効率的な低出力運用を行うことが可能です。スポイラーは、着陸時の制動効率を高めるよう左右対称に取付けられています。加えて、着陸直後に最大制動力が働くよう自動制動システムも備えています。
 
ATRは、この派生型機により、新規路線や30席クラスのSTOL分野の市場に入り込み、マーケットシェアを25%拡大できると見ています。制限がある環境下でも運航が可能な50席クラスのATR42-600Sは、航空会社から強い期待が寄せられています。世界には800~1,000mの滑走路を持つ空港が約500カ所あります。ATR42-600Sのローンチは、地域間の接続を広げ、旅客や航空会社の双方にメリットを提供します。
 
*標準飛行条件:飛行場気温15度、海抜ゼロ、ドライ、舗装滑走路、飛行距離200海里

ATRについて:

ATR 1981 年に設立された、座席数 90 以下のリージョナル航空機マーケットにおける大手航空機メーカーです。設立以来 1,500 機以上を納入しています。ATR 機は世界約 100 カ国、200 以上の航空会社に採用され、2,800 万回以上の飛行実績を有しています。ATR はエアバス・グループとレオナルドという欧州航空業界大手 2 社が共同パートナーシップを結んだ事業体で、フランスのトゥールーズに本拠地を構えています。ATR ISO14001 を取得済みです。詳しい情報は http://www.atr-aircraft.com(英語)をご覧ください。

本件に関する報道関係お問合せ
ATR広報代理
アシュトン・コンサルティング・リミテッド
電話:03-5425-7220
メール:ATR@ashton.jp
担当:福井/仲山/藤本