ATR Aircraft

効率的な運航

ATR機は世界で最もエネルギー消費量の少ないリージョナル航空機であると共に、最もエコな航空機です。旅客1人当たり、1キロ当たりのエネルギー消費に関しては、自動車よりも燃費効率が高くなっています。さらに、騒音レベルも抑えられたことで市街地に近く、厳しい騒音規制が設けられている空港含め、世界中のあらゆる空港に運航することが可能です。

高性能なエンジン、プロペラを備えたATR機は優れた燃料効率を誇る上、騒音を格段に抑えられ、環境にやさしい運航を可能にしています。旅客1人当たりの排出ガスが最も少ないATR機を提供することは、より環境にやさしい方法で自国の航空網を発展させようとしている国々にとって最善の解決策となっています。

ATR72は旅客1人当たり、1キロ当たりのジェット燃料消費を3リットル以下に抑えた世界唯一の機体です。リージョナルジェット機からATRのターボプロップ機に変更した航空会社は、毎年200万リットル以上もの燃料を節約することが可能となります。