ATR Aircraft

快適な客室

ATR機の特徴の一つとして、数あるリージョナル航空機の中で最も広い客室を備えていることがあげられます。ゆったりとしたスペースをはじめ、ATR機では傑出したレベルの快適性を体験いただけます。

また、客室内の騒音レベルを抑えることができたことも、最新ターボプロップ機の成功の秘訣であるといえます。防振構造の改善や6枚羽根のプロペラの採用など最先端の防音技術を駆使することで、乗客はジェット機と同レベルの静かな空の旅をお楽しみいただけます。

ATRはイタリアのジウジアーロ・デザインとの協業により、最新かつ快適で、洗練されたデザインのアルモニアキャビンを作り上げました。頭上収納のキャパシティーが増えたことで、収容能力が従来より30%増加しています。また、新たな座席設計では足元にゆとりあるスペースが確保されており、全体的により快適な空間を提供することが可能となりました。

また、LEDの照明システムを採用したことにより、暖かく安心感のある空間を演出し、空の旅を一層特別な体験にしています。

上記に加え、パッセンジャーサービスユニット(PSU)やキャビン管理システムの刷新などにより、ターボプロップに対する印象が従来とは大きく異なるものとなり、現在リージョナル航空で最も支持されている航空機となっています。