ATR Aircraft

環境活動

環境との共生

人やものの往来が活発になり、航空交通が経済や社会的発展に重要な役割を果たすようになりました。自然環境の影響を受け制限のある場所や距離の離れた移動でも大きく貢献しています。また旅客は、以前より運賃と環境への影響を重要視しています。

このような背景から、コスト効率が良く、環境にやさしい航空機の製造を行うことこそ今、航空機メーカーに求められていることといえます。ATRは環境に対する責任を重視しており、デリバリー後の機体やサービスにおいても環境への影響を最小限に抑える努力をしています。高性能なエンジンや効率の良いプロペラを採用することにより、比類ない燃料効率や、騒音の大幅削減、最高水準の環境性能を確保しています。

  • 温室効果ガス排出を大幅削減
  • 旅客キロ当たり50%のCO2および消費燃料の削減
  • チャプター4騒音基準達成
  • 機体のライフサイクルに関しISO 14001認証を取得

ATRおよびパートナー企業は国際的調査やプロジェクト開発にも参加しています。 ACARE(欧州航空研究諮問委員会)の枠組みである、航空学や航空交通のための共同技術イニシアティブ「クリーン・スカイ・プロジェクト」にも参画し、排気、騒音の抑制に取り組んでいます。

ATRは航空輸送アクショングループ(ATAG)の一員として以下を目指します。

  • 2020年までに年間の燃料効率を1.5%改善
  • 航空機のCO2排出量を安定させ、2020年にカーボンニュートラルを達成
  • 2050年までに航空機からのCO2排出量を50%削減(2005年の数値と比較)